京都市伏見区の行政書士です。建設業許可、一般貨物、在留許可、遺言・相続はおまかせください。京都市大津市枚方市大阪市亀岡市

一般貨物自動車運送業

  • HOME »
  • 一般貨物自動車運送業

普通トラックを使い、荷主のから依頼を受けて荷物を運送し、運賃を受け取る場合、一般貨物運送業にあたり、許可を受けることが必要です。

許可の要件

・営業所
建物が農地法、都市計画法などに違反していないことが必要です。
建物の所有、借入の別は問いません。借入の場合は、賃貸借契約により建物の使用が確実なことが必要です。

・車庫
原則として営業所に併設していることが必要ですが、併設できない場合、営業所から一定の範囲内(地域より異なります)にあることが必要です。また使用する土地が農地法、都市計画法などに違反していないことが求められます。
また、車両を全て収容できる広さがある土地の所有、借入の別は問いませんが、借入の場合は、賃貸借契約により土地の使用が確実なことが必要です。
なお、車庫の前面道路の幅員(道路の幅)は車両制限令により使用車両の通行に支障のないことが必要です。

・車両数
営業所毎に配置する事業用自動車の数は、5両以上です。

・休憩・睡眠施設
原則として営業所又は車庫に併設していることが必要です。
睡眠施設を必要とする場合は1人当たり2.5平方メートル以上の広さが必要です。
また、建物の所有、借入の別は問いませんが、借入の場合は賃貸借契約により建物の使用が確実なことが必要です。

・運転者及び運行管理者・整備管理者の確保
事業を始めるのに十分な数の運転者や運行管理者(運行管理資格者証の取得者)、整備管理者(車両整備の実務が2年以上、自動車整備士3級以上など)の確保されることが必要です。これらは採用予定者も含みます。

・次の要件に該当しないこと
1.1年以上の懲役または禁錮の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
2.一般貨物自動車運送事業または特定貨物自動車運送事業の許可の取消しを受け、その取消しの日から2年を経過しない者
3.営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者または成年被後見人であって、その法定代理人が上記のいずれかに該当する者
4.法人であって、その役員のうちに前3号のいずれかに該当する者のあるもの

報酬の目安

事前調査費 70,000円

新規申請サポート費 200,000円

※その他幅員証明書などの公的書類取得費がかかります。

※登録免許税120,000円は許可取得後にお支払いいただきます。

お気軽にお問い合わせください! TEL 075-632-5075 10:00~18:00
(土・日・祝日は事前にご連絡をお願いします。)

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 行政書士梶川法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.